中式指圧 + 足裏マッサージ

中式指圧 + 足裏マッサージ

特価:2時 NT 1700

中式指圧

中式マッサージはずいぶん歴史性がある伝統療法である。体を保健すると病気を治すという目的として、中国伝統医学歴史にとって、とても重要の部分である。戦国時代の華陀先生が中式マッサージの発明者という説法があって、数千年の発展によって、手技が今もうだいたい完備している。中式マッサージは動作が複雑くて、押す 、こする、持ち上げるのような手技がある。指以外にも、指の関節や手の甲、ひじもよく使える。療法中背中や手足のつぼを押すときは力使いが重い、頭や腹を押すときは力使いがより弱い。また腹のつぼを押すとき、被術者の呼吸リズムに一致する。中式マッサージは人によって療法が違い、病症によって決める。この療法によって、特定のつぼや経絡を刺激して、陰陽の調和や気血の調節できて、慢性患者がだんだんよくなり、それに、感情を緩和するやダイエットにも効果がある。


足裏マッサージ

足裏マッサージは四千年前に中国から由来されたそうで、中国伝統医学の一部として、“針治療”の原理が同じな療法である。体が病気に引くのは多数運動不足が原因である。古代にいる人は一日中裸足で畑に働いていったので、足が直接土壌を踏み、循環を促進できる。そして、汗を出て水を飲んだ上に、新陳代謝が順調に行き、人体の治療本能を起こさせる。そういうことで、古代人は今の私たちより健康である。“足裏マッサージ”実はつぼを刺激するという療法である。足裏マッサージによって各部位の反射区を刺激するから、血液循環がよくなるし、体の老廃棄物や毒素も排出できるし、新陳代謝を正常に動くという効果を達する。また、消化器の問題も改善でき、例えば、食欲不振、消化不良、便秘など、それに下半身浮腫に対する効果がある。